こんにちは!リンコ(@manabunoda)です!

リンコ's diary

田舎の地域医療を志す薬剤師

個人的に気になった最新論文約30選の要約(2020.5)

その月に気になった最新論文30本ほどのアブストラクトの要約し、論文を紹介していきます!

論文情報はSNSや各医学雑誌のメーリングリスト等を通じて入手しており、そこから個人的に気になった30件を選択します。

日本語訳は「DeepL翻訳」を参考(というかほぼコピペ…)にしております。

癌にはほとんど興味がないので、癌以外の分野の薬物治療の論文が中心になります。

 

【フリー】はフリーで全文が読める論文、【アブストのみ】はアブストラクトのみしか読めない論文となっております。

 

今回は2020年5月分を。30件取り上げております。

 
 
 

①「DECLARE-TIMI 58試験(血管イベントに対するダパグリフロジンの効果を検討)のサブ解析による安全性の検討。2型糖尿病患者17,160人がダパグリフロジンまたはプラセボに無作為に割り付けられ、中央値で4.2年間追跡された。急性腎障害の発生頻度はダパグリフロジンの方が低く、体液減少を示唆する有害事象は、ベースラインの推定糸球体濾過率、血圧、利尿薬またはループ利尿薬の使用にかかわらず、治療群間で均衡していた(相互作用P値>0.05)。骨折および悪性腫瘍は、性別、糖尿病期間または喫煙に関係なく両群間で均衡しており(相互作用P値>0.05)、糖尿病性ケトアシドーシスは非常にまれであったが、ダパグリフロジン群の方が頻度は高かった(イベントが発生した患者数 27人対12人;P = 0.02)。大規模な低血糖症は、ベースラインでのインスリンまたはスルホニル尿素薬の使用にかかわらず、ダパグリフロジンで発生頻度が低かった(相互作用P値>0.05)。性器感染症の有害事象は、ダパグリフロジン群では、試験薬の中止に至るまでの有害事象が多かったが、重篤な性器感染症はほとんどなかった。」【フリー】

Safety of dapagliflozin in a broad population of patients with type 2 diabetes: Analyses from the DECLARE-TIMI 58 study
Diabetes Obes Metab . 2020 Apr 2.
PMID: 32239659

 

 

②「HbA1c値の低下とMACEリスクとの関係を明らかにするために、これまでに発表された2型糖尿病のすべての心血管アウトカム試験の15試験、138,250人のメタ解析。プラセボと比較してMACEのリスクが9%有意に減少し(HR 0.91;95%CI:0.87-0.95;I2:44%)。試験終了時のHbA1cの低下とMACEのHR低下(β=-0.3169、P=0.029)との間には堅固な関係があった。達成されたHbA1cの減少と心不全のHRまたは全死因死亡率との間には何の関係もなかった。」【フリー】

Relationship between improvement of glycaemic control and reduction of major cardiovascular events in 15 cardiovascular outcome trials: A meta-analysis with meta-regression
Diabetes Obes Metab . 2020 Apr 6.
PMID: 32250550

 

③「高齢者における全原因性認知症の発症、アルツハイマー病(AD)の発症、軽度認知障害(MCI)、認知機能低下に対する低用量アスピリンとプラセボの効果を比較したRCT。合計19,114人の参加者が中央値で4.7年にわたって追跡調査され、認知症と判定された症例は575例で、41%が臨床的にADの可能性が高いと分類された。すべての認知症のリスク(HR 1.03;95%CI:0.91-1.17)、ADの可能性(HR 0.96;95%CI:0.74-1.24)、MCI(HR 1.12;95%CI:0.92-1.37)に両群間に差はなかった。」【フリー】

Randomized placebo-controlled trial of the effects of aspirin on dementia and cognitive decline
Neurology . 2020 Mar 25;10.1212/WNL.0000000000009277.
PMID: 32213642

 

④「急性静脈血栓塞栓症(VTE)に対する経口抗凝固薬と抗血小板薬併用の有効性と安全性を検討した6つのRCT、26,924例のメタ解析。そのうち3,550例(13.2%)がアスピリン(67.7%)を中心とした抗血小板療法を併用していた。抗血小板療法を併用しても、いずれかの経口抗凝固薬(OR1.17;95%CI:0.92~1.48)、DOACs(OR 1.21;95%CI:0.86~1.71)、VKAs単独(OR 1.16;95%CI:0.77~1.73)では、VTEの再発およびVTE関連死亡の発生率は低下しなかった。抗血小板療法なしの場合と比較して併用抗血小板療法は、経口抗凝固薬(OR 1.79;95%CI:1.22-2.63)、DOACs(OR 1.89;95%CI:1.04-3.44)、またはVKAs(OR 1.73;95%CI:1.16-2.59)を投与されている患者において、大出血のリスクが高いことと関連していた。抗血小板療法を併用している患者では、DOACとVKAによる有効性および安全性の転帰に統計学的に有意な差はなかった(それぞれ、OR 0.99;95%CI:0.64-1.51、OR 0.68;95%CI:0.32-1.45)。」【アブストのみ】

Impact of concomitant antiplatelet therapy on the efficacy and safety of direct oral anticoagulants for acute venous thromboembolism: Systematic review and meta-analysis

J Thromb Haemost . 2020 Mar 22.
PMID: 32202042

 


⑤「胃がん予防のためのH.pylori除菌療法の健常者8323人を含む7つのRCTおよびgastric neoplasia患者1841人を含む3RCTのメタ解析。除菌療法は胃がんの発生率を低下させ(RR 0.54;95%CI:0.40~0.72、NNT=72)、胃がんによる死亡率を低下させた(RR 0.61;95%CI:0.40~0.92;NNT=135)が、全死因死亡率には影響を与えなかった。集団スクリーニングと治療が世界的に実施された場合、8,743,815 DALY(95%CI:5,646,173~11,847,456)が得られることを示唆している。gastric neoplasia患者では、除菌療法により胃がんの発生率が低下した(RR 0.49;95%CI:0.34~0.70、NNT=21)。」【アブストのみ】

Helicobacter pylori eradication therapy to prevent gastric cancer: systematic review and meta-analysis
Gut . 2020 Mar 23;gutjnl-2020-320839.
PMID: 32205420

 


⑥「心房細動を有する病的肥満患者(BMI 40kg/m2以上または体重 120kg以上)におけるDOACとワルファリンの比較のメタ解析。脳卒中または全身性塞栓症(SE)のイベント発生率に関する5研究と大出血に関する4研究が含まれ、脳卒中またはSEのイベント発生率には両群に統計学的に有意な差はなかった(オッズ比:0.85;95%CI:0.60~1.19、I2=0%)。DOAC群は、ワルファリン群と比較して大出血イベント発生率の有意な低下と関連していた(オッズ比:0.63;95%CI:0.43~0.94;I2=30%)。」【フリー】

Meta-Analysis Comparing Direct Oral Anticoagulants Versus Warfarin in Morbidly Obese Patients With Atrial Fibrillation
Am J Cardiol . 2020 Apr 8;S0002-9149(20)30337-4.
PMID: 32345473

 

⑦「18~50歳の2型糖尿病患者で、糖尿病期間が短く(3年未満)、BMIが27~0kg/m2以上の患者147人(介入群70人、対照群77人)を対象とした非盲検化RCT。12ヵ月間で、集中的生活習慣介入群では通常の医療ケア群では、平均体重は対照群3.98kg(95%CI:2.78~5.18)に対し、介入群では11.98kg(95%CI:9.72~14.23)減少した(調整平均差-6.08kg;95%CI:-8.37~-3.79)。介入群では,ベースラインから15%以上の体重減少を達成した参加者は21%であったのに対し,対照群では1%であった(p<0.0001)。糖尿病の寛解は、対照群の12%に対し、介入群の61%の参加者で発生した(OR 12.03;95%CI:5.17~28.03)。介入群では33%の参加者が正常血糖値を示したのに対し,対照群では4%であった(OR 12.07:95%CI:3.43~42.45)。」【アブストのみ】

Effect of intensive lifestyle intervention on bodyweight and glycaemia in early type 2 diabetes (DIADEM-I): an open-label, parallel-group, randomised controlled trial

Lancet Diabetes Endocrinol . 2020 Jun;8(6):477-489.
PMID: 32445735


⑧「非ST上昇型急性冠症候群(NSTE-ACS)の高齢患者を対象に、チカグレロルまたはプラスグレルと比較したクロピドグレルの安全性と有効性を検討した非盲検RCT(POPular AGE試験)。
1002人の患者をクロピドグレル(n=500)およびチカグレロルまたはプラスグレル(n=502;475例がチカグレロル)に1:1の割合で無作為に6ブロックに割り付け、クロピドグレル300mgまたは600mg、チカグレロル180mgまたはプラスグレル60mgのローディング投与と、標準治療に加えて12ヶ月間の維持投与(クロピドグレル75mgを1日1回、チカグレロール90mgを1日2回、プラスグレル10mgを1日1回)を実施した。試験薬の早期中止は、チカグレロル群502例中238例(47%)で、クロピドグレル群に無作為に割り付けられた500例中112例(22%)で発生した。PLATO基準の大出血/小出血ははクロピドグレル群(18%)の方がチカグレロル群(24%)よりも低かった(ハザード比 0.71;95%CI:0-54~0-94)。全死因死亡、心筋梗塞、脳卒中、PLATO基準の大出血・小出血の複合エンドポイントは、クロピドグレル群28%とチカグレロル群(32%)で非劣性であった(絶対リスク差 -4%;95%CI:-10-0~1.4)。」【アブストのみ】

Clopidogrel versus ticagrelor or prasugrel in patients aged 70 years or older with non-ST-elevation acute coronary syndrome (POPular AGE): the randomised, open-label, non-inferiority trial

Lancet . 2020 Apr 25;395(10233):1374-1381.
PMID: 32334703

 

⑨「睡眠薬の強制覚醒時の身体・認知機能に対する副作用プロファイルを評価するために健康な男性30名を対象に行われた二重盲検クロスオーバーRCT。被験者は就寝15分前にスボルエキサント(20mg)、ブロチゾラム(0.25mg)、またはプラセボを服用し、その後90分後に強制的に覚醒させた。睡眠ポリグラフの記録から、睡眠時間の延長(~30分)と睡眠効率の向上(~6%)の効果は同等であることが明らかになった。強制的に覚醒させた後、再び睡眠に戻した場合、プラセボ群(24分)に比べて催眠薬の影響下では睡眠潜時が短く(約2分)、スボレキサント群では急速眼球運動潜時が有意に短縮された(プラセボ群98.8分、ブロチゾラム群81.7分、スボルレクサント群48.8分)。ブロチゾラムはプラセボと比較して、強制覚醒時の身体的・認知的パフォーマンス(zスコアの総和)を有意に低下させたが、スボレキサントとプラセボの間では、パフォーマンスのzスコアの総和に有意な差はなかった。」【フリー】

Distinct effects of orexin receptor antagonist and GABA A agonist on sleep and physical/cognitive functions after forced awakening
Proc Natl Acad Sci U S A . 2019 Nov 26;116(48):24353-24358.
PMID: 31712421

 

⑩「集中治療室での感染症または敗血症患者に対する抗菌薬の投与日数を最小化する戦略を比較したRCTのメタ解析。抗菌薬の使用を最小限に抑える戦略として、プロカルシトニン(14試験)、臨床アルゴリズム(2試験)、抗菌薬の固定投与期間(6件のランダム化臨床試験)の22件のRCT(6,046人)を組み入れた。プロカルシトニンは抗菌薬使用日数の短縮と関連した(-1.23;95%CI:-1.61~-0.85)が、臨床アルゴリズム誘導型抗生物質療法(-7.41;95%CI:-18.18~3.37)で関連しなかった。死亡率の低下は、プロカルシトニン(RR 0.91:95%CI:0.82-1.01)、臨床アルゴリズム(RR 0.67;95%CI:0.30-1.54)、期間固定型抗菌薬治療(RR 1.21;95%CI:0.90-1.63)のいずれとも関連していなかった。抗生物質の投与期間が短いにもかかわらず、プロカルシトニン(RR 0.93;95%CI:0.84-1.03)も期間固定抗菌薬療法(RR 1.06;95%CI:0.74-1.53)も治療の失敗とは関連していなかった。」【アブストのみ】

Effect of Antibiotic Discontinuation Strategies on Mortality and Infectious Complications in Critically Ill Septic Patients: A Meta-Analysis and Trial Sequential Analysis
Crit Care Med . 2020 May;48(5):757-764.
PMID: 32191414

 

⑪「人工呼吸器管理された重篤な成人3,957人を対象にエネルギー密度の高い(1.5 kcal/ml)または通常(1.0 kcal/ml)の経腸栄養に割り付けられた二重盲検RCT。エネルギー密度の高い栄養を割り当てられた参加者は、より多くのカロリーを摂取した(推奨エネルギー摂取量:103% vs. 通常:69%)。180日目の死亡率は同様であった(29.6% vs 28.1%;RR 1.05;95%CI:0.95~1.16)。無作為化後中央値185日目で、2,492人の生存者が調査を受け、同様のQOLを報告した(EuroQol five dimensions five-level quality-of-life questionnaire visual analog scale:中央値(中間値幅):75(60~85);群間差 0;95%信頼区間:0-0)。職場復帰した参加者は類似していた。障害または主要な生活活動への参加に差はなかった。」【アブストのみ】

Outcomes Six Months after Delivering 100% or 70% of Enteral Calorie Requirements during Critical Illness (TARGET). A Randomized Controlled Trial

Am J Respir Crit Care Med . 2020 Apr 1;201(7):814-822.
PMID: 31904995

 

⑫「黄色ブドウ球菌性菌血症(SAB)患者の死亡率および再発率に及ぼす治療期間(DOT)の影響を評価した後ろ向きコホート研究。530例を対象とし、17.7%がメチシリン耐性SAB、57.6%が合併SAB(心内膜炎、インプラント、SAB期間2日以上、発熱3日以上のいずれか)であった。90日死亡率は27.0%であり、死亡までの中央値はSAB発症後17日であった。DOT中央値は20日であった。SABを合併した患者では、DOTが14日を超えると死亡率が有意に低下した(aHR 0.32;95%CI:0.16~0.64)。非合併性SAB患者ではDOTは死亡率とは関連しなかった(aHR 0.85;95%CI:0.41~1.78)。」【アブストのみ】

Association between treatment duration and mortality or relapse in adult patients with Staphylococcus aureus bacteraemia: a retrospective cohort study

Clin Microbiol Infect . 2020 May;26(5):626-631.
PMID: 31357013

 

⑬「自己申告したβ-ラクタムアレルギーが手術部位感染(SSI)のリスク増加と関連しているかどうかを評価した後ろ向きコホート研究。本研究に含まれた 3,589 例の外科手術のうち、10.3%がβ-ラクタムアレルギーが報告されている患者で実施され、β-ラクタムアレルギーが報告されている患者ではアレルギーのない患者に比べて、セファゾリン(38.8% vs 95.5%)またはメトロニダゾール(20.3% vs 26.1%)の投与を受ける可能性が有意に低く、クリンダマイシン(52.0% vs 0.2%)、ゲンタマイシン(3.5% vs 0%)、バンコマイシン(2.2% vs 0.1%)の投与を受ける可能性高かった。アレルギーが報告されていない患者では4.8%、アレルギーが報告されている患者では7.3%でSSIが発生した。多変量回帰モデルにおいて、β-ラクタムアレルギーの報告はSSIリスクの統計的に有意な増加と関連していた(aOR 1.61;95%CI:1.04-2.51)。この効果は、セファゾリンに代わる抗生物質の投与によって完全に媒介された(間接効果aOR 1.68;95%CI:1.17-2.34)。」【アブストのみ】

Self-reported beta-lactam allergy and the risk of surgical site infection: A retrospective cohort study
Infect Control Hosp Epidemiol . 2020 Jan 23;1-6.
PMID: 31969205

 

⑭「重度の認知症を有する高齢者の老人ホーム(NH)居住者における全原因イベント(入院、緊急部門の受診、死亡)および重度の転倒や骨折のリスクに対するAChEIの処方中止の影響を評価したコホート研究。AChEIを投与された重度認知症の65歳以上のNH居住者(n=37,106;女性:75.5%;80歳以上:77.4%)が対象となり、AChEIの中止は全原因性negativeイベントの可能性の増加は関連していなかった(aOR 1.00;95%CI:0.94~1.06)。対照的に中止は重度の転倒または骨折の可能性の低下と関連していた(aOR 0.64;95%CI:0.56-0.73)。」【アブストのみ】

Risk for Health Events After Deprescribing Acetylcholinesterase Inhibitors in Nursing Home Residents With Severe Dementia

Diabetes Obes Metab . 2020 Apr 6.J Am Geriatr Soc . 2020 Apr;68(4):699-707.
PMID: 31769507

 

 

⑮「変形性膝関節症へのゾレドロン酸静注の効果を検討した二重盲検RCT。223人(平均年齢62.0歳;52%が女性)ベースライン時および12ヵ月目に100mL生理食塩水にゾレドロン酸5mg(n=113)またはプラセボ(生理食塩水)(n=110)に割り付けたが、24か月後における以下の評価項目で有意差が認められなかった。(大腿脛骨軟骨量の変化は24ヵ月間(-878mm3 vs -919mm3;群間差:41mm3;95%CI:-79~161mm3)、VAS(0-100)で評価した膝痛の変化(-11.5 vs -16.8;群間差 5.2;95%CI:-2.3~12.8)、Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(0-500)で評価された膝痛の変化(-37.5 vs -58.0;群間差 20.5;95%CI:-11.2~52.2)、および骨髄病変の大きさの変化(-33 mm2 vs -6 mm2;群間差 -27 mm2;95%CI:-127~73 mm2)。」【フリー】

Effect of Intravenous Zoledronic Acid on Tibiofemoral Cartilage Volume Among Patients With Knee Osteoarthritis With Bone Marrow Lesions: A Randomized Clinical Trial

JAMA . 2020 Apr 21;323(15):1456-1466.
PMID: 32315057

 


⑯「膀胱炎の抗菌薬使用を対象とした教育介入を行い、カテーテルを使用していない介護施設25施設の居住者にへの抗菌薬治療の実施を評価した。介入12施設(入居日数512,408日)、対照群13施設(入居日数443,912日)に分けたところ、対照施設と比較して介入施設で抗生物質による治療を受けた可能性の低い膀胱炎症例が少なくなった(調整後罹患率比 [AIRR] 0.73;95%CI:0.59~0.91)。またC difficile感染率も低くなった(AIRR 0.35;95%CI:0.19~0.64)。あらゆるタイプの尿路感染症に対する全体的な抗生物質使用量は、介入施設の方が対照施設よりも低く(AIRR 0.83;95%CI:0.70-0.99)、介入による全原因入院または死亡の増加は認められなかった(それぞれ、AIRR 0.95;95%CI:0.75-1.19);AIRR 0.92;95%CI:0.73-1.16)。」【フリー】

A Multifaceted Antimicrobial Stewardship Program for the Treatment of Uncomplicated Cystitis in Nursing Home Residents

JAMA Intern Med . 2020 May 11;e201256.
PMID: 32391862

 

 

⑰「ニューモシスチス肺炎(PJP)の治療に対するST合剤の減量投与(トリメトプリムとして15mg/kg/d以下)の6研究のメタ解析件の研究が同定され、6件がメタ解析に含まれた。TMP-SMXの標準用量と減量投与を比較した場合、死亡率に統計学的に有意な差は認められなかった(絶対リスク差:-9%;95%CI:-27%~8%)。低用量投与は、グレード3以上の有害事象の絶対リスクを18%減少させた(95%CI:-31%~-5%)。」【フリー】

Low-Dose TMP-SMX in the Treatment of Pneumocystis jirovecii Pneumonia: A Systematic Review and Meta-analysis
Open Forum Infect Dis . 2020 Apr 2;7(5):ofaa112.
PMID: 32391402

 

 

⑱「HFrEF患者への心不全ガイドラインに定義された有害性のある処方薬の処方頻度と臨床転帰との関連を評価することを目的としたコホート研究。合計8993人の患者のうち、潜在的に有害な薬剤は心不全入院から退院後90日以内に11.9%の患者に処方された。潜在的に有害な薬剤はNSAID(6.7%)、カルシウム拮抗薬(4.7%)、チアゾリジン(0.59%)、抗不整脈薬(0.33%)等であった。多変量Coxモデルでは、潜在的に有害な薬剤の処方は再入院のリスクの増加と関連しており(HR 1.14;95%CI:1.05-1.23)、薬効別ではカルシウム拮抗薬のみが再入院リスクの増加と関連していた(HR 1.225;95%CI:1.085-1.382)。」【フリー】

Potentially harmful drug prescription in elderly patients with heart failure with reduced ejection fraction
ESC Heart Fail . 2020 May 17.
PMID: 32419388

 


⑲「尿路感染症のリスクがある患者における水分摂取量の増加が尿路感染症の再発、抗菌薬使用に与える影響を評価した観察研究7件のメタ解析。水分摂取量を増加させた群では、12ヵ月後では対照群と比較してUTI再発患者数が減少したが有意ではなかった(OR 0.39;95%CI:0.15~1.03)が、6ヵ月以下で有意な減少が認められた(OR 0.13;95%CI:0.07~0.25)。水分摂取量が少ない(200ml未満)研究を除外した場合、水分摂取量の増加が有意に有利であった(OR 0.25;95%CI:0.11~0.59)。水分摂取量の増加はすべてのUTIの再発率を減少させた(RR 0.46;95%CI:0.40~0.54);抗菌薬使用量に差はなかった(OR 0.52;95%CI:0.25~1.07)。」【フリー】

Increased fluid intake to prevent urinary tract infections: systematic review and meta-analysis
Br J Gen Pract . 2020 Feb 27;70(692):e200-e207.
PMID: 31988085

 

 

⑳「新たに心不全と診断された心不全患者におけるインフルエンザワクチン接種と長期生存率の改善との関連性を検討したコホート研究。対象患者は134,048人、フォローアップ期間中央値は3.7年、ワクチン接種率は研究期間中に16%~54%であった。包括日、併存疾患、服用薬、世帯収入、および教育レベルで調整した後、1回以上のワクチン接種を受けることは、死亡リスクの18%減少と関連していた(全死因:ハザード比 0.82;95%CI:0.81-0.84;心血管系の原因:ハザード比 0.82;95%CI:0.81-0.84)。毎年の予防接種,早期(9~10 月)の接種,累積接種回数の増加は,断続的な接種と比較して死亡リスクのより大きな減少と関連していた。」【アブストのみ】

Influenza Vaccine in Heart Failure
Circulation . 2019 Jan 29;139(5):575-586.
PMID: 30586760

 

 

㉑「心房細動患者における抗凝固薬間の骨粗鬆症性股関節骨折および椎体骨折リスクを検討したコホート研究。対象者は23,515例(アピキサバン:3241例、ダビガトラン:6867例、リバロキサバン:3866例、ワルファリン:9541例)、全体の平均年齢は74.4歳、中央値423日の追跡調査で、401例の骨折が確認された(粗イベント数(100例年あたりの加重平均値):アピキサバン:0.82、ダビガトラン:0.76、リバロキサバン:0.67、ワルファリン:1.11)。24ヵ月追跡後、DOACの使用はワーファリンの使用よりも骨折リスクが低かった(アピキサバンCID -0.88%;95%CI:-1.66%~-0.21%;ダビガトランCID -0.81%;95%CI:-1.34%~-0.23%;リバロキサバンCID -1.13%;95%CI:-1.67%~-0.53%)。DOAC間で有意差は認められなかった。」【フリー】

Association Between Treatment With Apixaban, Dabigatran, Rivaroxaban, or Warfarin and Risk for Osteoporotic Fractures Among Patients With Atrial Fibrillation: A Population-Based Cohort Study
Ann Intern Med . 2020 May 19.
PMID: 32423351

 


㉒「降圧剤による血圧コントロールと認知症または認知機能障害との関連を検討した14のRCTのメタ解析(平均年齢69歳、ベースラインの血圧 154/83.3、平均追跡期間49.2か月)。降圧剤による血圧低下群はコントロール群と比較して認知症または認知機能障害(7.0% vs 7.5%;OR 0.93;95%CI:0.88~0.98)、絶対リスク低下率 0.39%;95%CI:0.09~0.68%;I2=0.0%)および認知機能低下(20.2% vs 21.1%;OR 0.93;95%CI:0.88~0.99;絶対リスク低下率 0.71%;95%CI:0.19~1.2%;I2=36.1%)のリスク低下と有意に関連していた。」【フリー】

Association of Blood Pressure Lowering With Incident Dementia or Cognitive Impairment: A Systematic Review and Meta-analysis
JAMA . 2020 May 19;323(19):1934-1944.
PMID: 32427305

 


㉓「eGFR<30ml/min/1.73m2、透析歴なしの外来患者9,341人(年齢中央値83歳)を対象にした経口セファロスポリンの非減量処方の有効性と安全性を検討した観察研究。患者の67%セファレキシン(>1000mg)、セフロキシム(>500mg)、またはセフプロジル(>500mg)の1日投与量が推奨量を超えていた。全体では、投与開始30日以内に6%の患者がセファロスポリンの副作用の可能性がある状態で病院に来院し、13%が抗生物質治療に失敗し、3%が死亡した。減量投与と比較して、高用量の投与を受けても副作用の発生率(調整オッズ比 1.00;95%CI:0.84~1.20)、治療失敗(aOR 1.01;95%CI:0.88~1.15)、または死亡(aOR:0.99;95%CI:0.76~1.29)に有意差はなかった。」【フリー】

Clinical Outcomes of Failing to Dose-Reduce Cephalosporin Antibiotics in Older Adults with CKD

Clin J Am Soc Nephrol . 2019 Feb 7;14(2):197-205.
PMID: 30630861

 


㉔「ICUの中枢神経系以外の感染症患者におけるCTRX2gと1g(72時間以上投与)の有効性と安全性を検討したコホート研究。合計212人が含まれ、最も多かった診断(83.0%)は肺炎と尿路感染症であった。治療に失敗した患者は、1日2gおよび1gの投与を受けた患者のそれぞれ5.7%および17.0%であり、CTRX 2gの投与は治療失敗の可能性の低下と関連していた(aOR 0.190;95%CI:0.059~0.607)。治療失敗の他の独立した予測因子には、臓器不全評価スコア(aOR 1.440;95%CI:1.254~1.653)およびCTRX開始から72時間後のクレアチニンクリアランス(aOR 0.980;95%CI:0.971~0.999)が含まれていた。」【アブストのみ】

Comparison of Clinical Outcomes among Intensive Care Unit Patients Receiving One or Two Grams of Ceftriaxone Daily
Antimicrob Agents Chemother . 2020 May 21;64(6):e00066-20.
PMID: 32205348

 

 

㉕「心房細動を伴う維持透析患者を対象に,抗凝固療法を行わない場合(1561例)と比較したアピキサバン(521例)の有効性と安全性を検討した後ろ向きコホート研究。アピキサバンは脳卒中(虚血性または出血性)、一過性脳虚血発作、または全身性血栓塞栓症による入院の複合アウトカムの発生率を低下させず(HR 1.24;95%CI:0.69~2.23)、致死的または頭蓋内出血の発生率が有意に高かった(HR 2.74;95%CI:1.37~5.47)。また、アピキサバン群にて虚血性脳卒中は減少したが、出血性脳卒中は増加する傾向がみられた。アピキサバン標準用量(5 mg 1日2回)で治療を受けた患者のサブグループでは無治療群と比較して、主要複合アウトカムの発生率が有意に高く、致死的または頭蓋内出血と出血性脳卒中の発生率が有意に高かったが、アピキサバン減量用量(2.5 mg 1日2回)では有意な差は認められなかった。」【アブストのみ】

Apixaban versus No Anticoagulation in Patients Undergoing Long-Term Dialysis with Incident Atrial Fibrillation

Clin J Am Soc Nephrol . 2020 May 22;CJN.11650919.
PMID: 32444398

 


㉖「2型糖尿病患者における糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)に対するSGLT2阻害薬の効果を評価したRCT39件のメタ解析。60,580人の患者にて85のDKAイベントが発生、SGLT2阻害薬は対照群と比較してDKAのリスク増加と関連した(0.18% vs 0.09%;Petoオッズ比(OR) 2.13;95%CI:1.38~3.27、I2=8%;RDは5年間で1000人当たり1.7件増(95%CI:0.6件増~3.4件増)。」【フリー】

Sodium-glucose co-transporter-2 inhibitors and the risk of diabetic ketoacidosis in patients with type 2 diabetes: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials
Diabetes Obes Metab . 2020 May 4.
PMID: 32364674

 

 

㉗「80歳以上で、収縮期血圧が150mmHg未満の降圧薬を2種類以上服用している参加者が対象を対象としたイギリスの69のプライマリケア施設で実施されたRCTにおいて、降圧薬を1種類減らした群(n=282)と通常どおりの治療を続けた群(n=287)とで12週後の血圧コントロールやイベント発生率が比較された。介入群86.4%、対照群87.7%で12週目の収縮期血圧が150mmHg未満であった(調整後RR 0.98;97.5%1側方CI:0.92~∞)。事前に指定された7つの副次的エンドポイントのうち、5つは有意差を示さなかった。収縮期血圧の平均変化は、対照群と比較して介入群で3.4mmHg(95%CI:1.1~5.8mmHg)高かった。」【フリー】

Effect of Antihypertensive Medication Reduction vs Usual Care on Short-term Blood Pressure Control in Patients With Hypertension Aged 80 Years and Older: The OPTIMISE Randomized Clinical Trial
JAMA . 2020 May 26;323(20):2039-2051.
PMID: 32453368

 


㉘「入院中の腎盂腎炎患者の経験的治療としてアミノグリコシドと他の抗菌薬の効果を比較した観察研究。
試験コホートには2026人の患者が含まれ、そのうち715人がアミノグリコシド系薬剤で治療され、1311人が非アミノグリコシド系薬剤(CTRX:n=774、TAZ/PIPC:n=179、カルバペネム:n=161、フルオロキノロン:n=133)で治療され、29%に血流感染が認められた。アミノグリコシドによる治療は、臨床分離株に対するin vitro活性が高いことと関連していた(OR 2.0;P < 0.001)。30日死亡は、アミノグリコシド系薬剤による治療を受けた患者7.6%とアミノグリコシド系薬剤以外の薬剤による治療を受けた患者11%でそれぞれ発生した(調整後HR 0.78;P = 0.013)。急性腎障害の発生率はアミノグリコシド系薬剤と比較薬で同様であった(2.5% vs 2.9%;P=0.6)。」【アブストのみ】

Effectiveness and safety of an institutional aminoglycoside-based regimen as empirical treatment of patients with pyelonephritis
J Antimicrob Chemother . 2020 May 25;dkaa148.
PMID: 32451549

 

㉙「緑膿菌血症に対するceftazidime、carbapenems、およびpiperacillin-tazobactamの単剤療法を比較することを目的とした、β-ラクタム単剤治療を受けたP. aeruginosa菌血症の入院患者767例を含む後ろ向きコホート研究。30日死亡率は、ceftazidime群17.4%、carbapenem群20%、piperacillin-tazobactam群16%であった。単剤療法の種類は、単変量解析、多変量解析、またはプロペンシティ調整済み解析のいずれにおいても死亡率と有意な関連はなかった(carbapenems vs ceftazidime:OR 1.14;95%CI:0.52-2.46、carbapenems vs piperacillin-tazobactam群:OR 1.3;95%CI:0.67-2.51)。抗緑膿菌薬に耐性を有する緑膿菌の分離は、カルバペネム(17.5%)において、セフタジジム12.4%、ピペラシリン-タゾバクタム8.4%との比較で有意に高かった(P = 0.007)。」【アブストのみ】

Ceftazidime, Carbapenems, or Piperacillin-tazobactam as Single Definitive Therapy for Pseudomonas aeruginosa Bloodstream Infection: A Multisite Retrospective Study
Clin Infect Dis . 2020 May 23;70(11):2270-2280.
PMID: 31323088

 

 

㉚「抗緑膿菌作用のあるβ-ラクタム薬とバンコマイシンの併用後の急性腎障害リスクを評価した47研究、56,984人のメタ解析。
成人集団では、TAZ/PIPCとVCMの併用は、VCM単剤療法(OR 2.05;95%CI:1.17-3.46)およびメロペネム(OR 1.84;95%CI:1.02-3.10)またはセフェピム(OR 1.80;95%CI:1.13-2.77)との併用よりも有意に高い腎毒性率を示した。小児患者では、急性腎障害はTAZ/PIPCとVCMの併用でVCM単独(OR 4.18;95%CI:1.01-17.29)またはVCM+CFPM(OR 3.71;95%CI:1.08-11.24)よりも有意に高かった。」【アブストのみ】

Acute kidney injury following the concurrent administration of antipseudomonal β-lactams and vancomycin: a network meta-analysis
Clin Microbiol Infect . 2020 Jun;26(6):696-705.
PMID: 32222460


 

今回は以上になります!

参考になれば嬉しいです!